Figure skating journal

フィギュアスケート選手として試合に出られなくても頑張る娘と、それを見守る家族の日々をブログに綴っています。

小学生の部活が無くなる現象

全国的に、「部活動廃止」の波が起こってるのは自覚していましたが、

ついに我が子が通う小学校にまで、その波が押し寄せて来ました^^;

 

まだ、「部活動廃止」が決まったわけではありませんが、その先駆けとして?

娘の学年から、運動部の選択肢が一つに減りました。

 

さて、、

困りました。

部活動…。

もう、「運動させたいなら、各家庭でお金を出して、習い事で運動してね!」

って時代ですよね…。仕方ないですが…。

。゚(゚´ω`゚)゚。

 

全国の教職員の方々の物凄い仕事量・負担は認識しているので、先生方が対応する部活動を無くすことは賛成です。

しかし、ホントはこうなる前に、国に予算を付けてもらって外部委託などの形をとって、

部活動を継続させて欲しかったです。

未来の日本人の健康のために、今からでも、そうして欲しいです。

 

小中学生のときの運動量が、

成人してからの肥満率、同じ運動をしても痩せやすい・筋肉を作りやすいなど…色んな事に影響を及ぼす…というデータを聞いたことがあります。

 

ただでさえ、思いっきり走り回れる場所が減って、運動量が少なくなった小学生から部活動などの活動を取り上げたら、

50年後の日本は、ひ弱な子どもや大人で溢れるんじゃないのか?

医療費がかさむお年寄り大国になっていくのでは?と…不安です。

 

50年先を見据えて子供たち(未来)に予算を充てられない日本は、ある意味貧しい国だと思います…。

 

 

 

娘がリンクへ通えない平日は、

フィギュアスケートの陸練習のつもりで、運動部に入ることを決めていましたが、

入ると決めていた部活が無くなったため、娘も動揺を隠せません。

 

 

私自身は小学生の時、運動部に入っていて、

周りが従うしかない強いボス一人の存在が、激しいイジメを引き起こし、

週替わりで仲間外れのターゲットが変わるという、いや〜な雰囲気の部活でした。

 

私はそのボスから特に嫌われていたので、頻繁にターゲットにされて、

土曜日のお弁当の時間にみんなで食べる時、1人だけ追い出されるなど、

何とも辛い思い出しかありません。

 

その時にかばってお弁当に付き合ってくれた友達の事は、未だに忘れられず、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

そんなイジメは中学高校、社会人になっても存在するので、甘やかさず、逃げずに経験させるべきって意見もありますが、

短い期間とはいえ、小学生で団体イジメを経験した私としては、

娘には二年間楽しく過ごしてほしいと切に思うのです。

f:id:gudemom:20190523100255j:image

 

学校での運動量に期待できない…それなら、

「週に二、三回部活動の代わりにスイミングスクールに通って定期的に運動させる。」

とかするしかないですよね。

 

ぐでママには、そんなお金や送迎させてあげることはできません。

 

ぐでママと、娘が描く運動部無し生活…。

(*´-`) .。oO  (*´ー`*)

 

それは、「家庭で代わりに運動部みたいなことをするしか無いね。」って話になりました。

 

家で、週に数回走ったり、腹筋や腕立てなど軽い運動をさせるくらいしかできそうにありませんが…。

しないよりはマシかと…^^;

 

ジムや部活動のトレーニングで、

「腹筋あと残り10回‼️。。。

か〜ら〜の〜(*´꒳`*)

 

∑(゚Д゚)プラス10回‼️」

 

みたいな、

『終わりだと思ったらあと10回‼️』

 

って展開が、筋肉に与えられた負荷からの達成感というか、

私は気持ちよくて好きなのですが、それを娘達にやると、

「嘘つき‼️ もう、やらない!!」

.°(ಗдಗ。)°.  o(`ω´ )o

 

って泣いて、怒って止めちゃいます。

(◞‸◟)。。

 

☝️こればっかりは、学校で友達と一緒に先生から受けて身につく感覚なので、

親から急に強要されても、通じないみたいです(´ω`)

 

このまま運動部を経験せずに、中学高校でいきなり運動部に入ったら、

運動部の厳しさや心構え、筋トレなどに付いていけるか…気になります。

 

娘の部活動を選ぶ時期は、夏休み前の予定です。

 

また、家族でよく話し合って決めていきます。

 

今週末は小学校の運動会です。

٩( ᐛ )و

 

半日ではなく、一日スケジュールなので、熱中症予防など、用心して向かいたいと思います!

 

 

今週末は急な熱さで何かと話題ですが、

皆さまも熱中症などに、かかりませぬよう

ご自愛下さい☺︎