Figure skating journal

フィギュアスケート選手として試合に出られなくても頑張る娘と、それを見守る家族の日々をブログに綴っています。

感じる違い『フィギュアスケート選手』じゃないということ

二年前、

クラブチームに所属せず、

『フィギュアスケート選手』としてではなく、

週末自主練習とスケート教室だけで、

スケート技術の上達する事を目標に、週末スケートリンクに通い続けてきました。

www.gudemomjournal.com

☝️スケート選手にならなかった理由。知らない方はコチラ☺︎

 

そして、ついに先週お会いした先生から、

皆と同じように試合に出られなくても、

『スケート選手』としてクラブに登録しても良い、というお話をいただきました。

:;(∩´﹏`∩);:

👇詳しくはコチラ☺︎

www.gudemomjournal.com

 

そもそも、『フィギュアスケート選手』じゃないと、普段どういう影響があるのか

 

以下、二年間の娘の歩みを通して、私たち家族が感じた事を挙げてみました。

 

①クラブチームに所属していない。

娘の場合、普段の練習は、チームメイト先生もリンクにいないので、

知り合いの大人スケーターさんと僅かな子どものお友達がリンクにいたら話す程度で、基本一人で練習します

 

日曜のリンクは知り合いが多いので、大人スケーターさんが、練習を見てくれていることがありました。

 

 

②スケート連盟の主催する『バッヂテスト』受験する資格がない

娘はクラブチームに所属していないので、初級以外の一級以上は受験資格がありません。

(一級までは受験できるそうですが、詳しくはわかりません。普通は先生が必要です。)

 

 

③フィギュアスケート大会諸々の試合に出られない。

試合はクラブチームに所属していないと選手として出場できません。

 

④普段リンク内での、選手との違い

 

私の娘の場合、試合には行かないので、

普段のリンクが一番、「選手じゃない自分」を感じていた所だと思います。

 

先週、娘は初めて個人レッスンをして頂いたのですが、その時

先ず始めに、その先生は娘を連れて、スケートリンク内の各クラブの先生の所へ、

挨拶(こんにちは、の一言)に周りました。

 

 私も娘も、それが一番嬉しかったです。

(>_<)

 

まだ、選手登録していないし、クラブに入ったわけでもないのに、

『この子は私が教えています。私の教え子です。』

と、自ら公言して、回って下さっているようなものだからです。

(´;ω;`)ウゥゥ

f:id:gudemom:20190517191747j:image

選手は、リンクに入るとき、そのリンクに居る全てのクラブチームの先生に、挨拶に回るという習慣があります。

 

私の娘は三年間ずーっと、先生方に挨拶をしていませんでした。

見た目は選手っぽい服装なのに、挨拶はしません。毎週、ずーっとです。

選手じゃないからです。

 

それがやっと、これからはリンクに入って皆と同じ様に、挨拶ができる。

 

まだ、登録もしていない娘を連れて回ってくださった先生の姿と、嬉しそうな娘の姿

強く、目に焼き付いています。

 

『よそのリンクへ行っても、挨拶して下さい。

もしも、どこのクラブか聞かれたら、私の名前を出して貰って結構です。』

 

 。゚。.°(ಗдಗ。)°.  (´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`) 。゚。

 

嬉しかったです…。。

 

良い例えが見つからず、

例え方が適切でないかもしれませんが、

娘は、リンクでは戸籍のない子どもの様な気分だったのかなぁと、思いました。

 

(・・;)もしくは、リンクにみんなお母さんがいるのに、娘だけ親がいない…とか。。。

☟Amazon store

 まぼろしのママ

 

とにかく、

大きな勢力の様な、どうしようもできない状況と、そこに身を置くことしかできない、

「小さな自分」を感じていたと思います。

 

二年間も、寂しい辛い思いをさせてしまいました…。

 

しかし、

どこのリンクへ行っても、

先生やチームメイトがいないリンクでも、いわゆる「アウェイ」のような心境の中、

一人で堂々と、自主練を続けてきた娘二年間は、決して無駄では無かったと思います。

 

その日、

先生のご指導を受けてる娘を見て、

何だか『水を得た魚』って、こういうことを言うのかな?

と感じてしまいました💦

 

先生から、

「週末だけの練習で、よくここまでできたね。今まで頑張ってコツコツ練習してきたのが、滑りに現れています。」

と、仰って頂けて、

選手にしてやれなかった二年間…

ずっと私の中で蓄積されていた色んな思いも、すっ飛んだ気がしました!

 

日曜日の(二回目の)個人レッスンが、楽しみです。

٩( ᐛ )و

 

皆さまのご声援ありがとうございました✨

どうぞこれからも、宜しくお願いします

 

よい週末になりますように☺︎

 ☟iTunes Music

世界に一つだけの花

世界に一つだけの花

  • 槇原敬之
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

☟Amazon Music

世界に一つだけの花