Figure skating journal

フィギュアスケート選手として試合に出られなくても頑張る娘と、それを見守る家族の日々をブログに綴っています。

『Dr.スランプアラレちゃん』笑い転げる息子…わたしは。。

 そういえば、ひな祭りに実家に帰った時、息子が有料放送で『Dr.スランプアラレちゃん』を観て、大ウケして笑っていた

 

私達も、懐かしなぁと、観ていてやっぱりおかしくて笑っていた。

 

しかし、私は『アラレちゃん』が嫌いだったはず…でも、観たら面白いし、爆笑している。  

☟Amazon store

フィギュアライズメカニクス Dr.スランプ アラレちゃん 色分け済みプラモデル

 

 

「なんで、嫌いだったんだろう…。」

 

しばらく観ていたら分かった。

私は、「アラレちゃん」が嫌いだっただけで、『Dr.スランプアラレちゃんは、大好きだった事を思い出せた。

どうしてアラレちゃんが嫌なのか、それは、「空気が読めないから。」

壁をぶち壊しても、鳥山明さんが、バラバラに破壊されても

「ホヨヨ?!」で、済ませてしまう…!!!

 

今となっては、大人になった私が、あの時の私に

「アラレちゃんは、ロボットだから仕方ないのだよ。」と、諭すと思う

 

でも、あの時の小学生の私には、人が悲しんでるのに、「ホヨヨ」が言える事が、どうしても理解できなかった。

 

また同時に、私がどうしてあの、まだ5才なのに毒を吐きまくる、おしゃまな「皿田きのこちゃん」の事が好きだったのかも、解明できた。

 

皿田きのこちゃんは、私とは違って、「言いたい事をはっきりと言える。空気を読んで、最近流行りのいわゆる忖度など一切しない。容赦無く、言いたいことが言える。」

そんな、ところが気持ちよくて、羨ましかったのだと思う。

 

今からでも遅くは無い…。

自分が傷ついた時は、平気な顔を装ったりしないで、もっと自分のキモチを出してみたい。

 

☟Amazon store

フューチャーモデルズ EX合金PLUS+ Dr.スランプ アラレちゃん 皿田きのこ お出かけVer. ノンスケール ソフトビニール製 塗装済み完成品フィギュア