Figure skating journal

フィギュアスケート選手として試合に出られなくても頑張る娘と、それを見守る家族の日々をブログに綴っています。

『バッジテスト』その後①娘の辛い時期

 バッジテストが終わり、

娘と一緒にテストを受けた9割の子がそのままクラブチームへ入り、

みんなは選手としてほぼ、毎朝晩練習を始めました。

www.gudemomjournal.com

 

☝️娘は、色々思いながらも、

最終的にはクラブチームの先生の事がになっていたので、

そこのチームに対する憧れも吹っ切れて、籍を置くことさえ拒むようになっていました。

 

選手として試合に出なくても、

籍を置いて週に一回練習に参加させて貰う道も残されていたのですが、

何があったのかわかりませんが、

 

極端にそのクラブを嫌がるようになりましたので、私達も逆に決めやすくなり、

最終的には、籍を置かずに選手にもらない事を決めました。

 

しかし、娘はバッジテストが終わってすぐの翌週から、

学校へ行くのを嫌がり、バッジテストの日に怪我した足が痛いなどと言って、

毎朝学校まで送っていかないと、登校できなくなりました

 

痛いと言って通学団と通わず、

体育を休む割には、走ったりしていたので、

クラスメイトとも上手くいかなくなってきて、放課に少し浮いてしまう存在になっていきました。

 

「頭痛がする、学校へ行きたくない。」と、繰り返し、ついにその週末には、「スケートを滑りたくない。」と言い出しました。

 

 

スケートを滑り始めてから一年半、

週末必ず滑るようにしてきましたし、本人も嫌がることなど一度もなかったので、

娘は今、本当に深刻な状況にあるのだ。」と受け止めていました。

 

 

娘の気持ちを少しでも軽くしてやりたかったけれど、病院へ連れて行く以外、何もしてやれませんでした…。

 

https://www.instagram.com/p/BvPuUQhhbZn/

レッスンの後は、閉館まで滑るのがルーティーンでしたが、

バッジテスト後初めてのレッスンは、滑り終わった後にすぐ帰宅しました。

 

娘が、「滑りたくない。」と言って、初めて自ら靴を脱いだからです。

 

後に娘から話を聞くと、

クラブの子から仲間はずれにされたり、

からかわれたり何回か嫌な思いをしていたということでした。

 

娘はリンクに通ううちに、色々な年齢層の方々との交流をする機会に恵まれていたので、多少のことは慣れていました。

 

「選手じゃないんだから、あっち行って!ここで滑らないで!」と言われたり、

 

「あの子は選手じゃないから一緒に滑ってはダメ!」と親御さんに言われていたのは、後から知りました。

 

 

いつも見つめていたつもりでしたが、私は何も分かっていませんでした。

 

リンクの外から見ている私には分からない、選手じゃないゆえのストレスが、

氷の上では存在していたのだと、その時初めて、現実を目の当たりにしたのでした。

 

娘は、スケートが好きだからこそ、親に愚痴らず、練習に励んできたのだと思いました。

 

でもクラブに入れなかった事で、一年以上毎週末一緒に練習してきたお姉ちゃんに

沢山の子の前で、

「選手じゃない子がいるから、ここでは話したくない。」と、

突然仲間はずれにされた事だけは、泣けてきて、我慢できず辛かった話してくれました。

 

バッジテストから、一週間、二週間…と経って、足はとっくに治っていたはずなのですが、足が痛いと言って、

毎日吐き気と、頭痛、時には微熱を出すようになっていきました…。

 

親としても、あの時の記憶はなかなか上手く言葉になりません。

 

しかし、こうして書き綴る事が、私自身の気持ちの整理になるのだと思っています。

 

ここまでお付き合い頂き、聞いてくださって、本当にありがとうございます。

 

続きはお手数ですが、

👇ご一読頂けると嬉しいです☺︎

www.gudemomjournal.com

 

☟iTunes Music

虹

  • ゆず
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ☟Amazon Music