Figure skating journal

週末の練習だけで、フィギュアスケート選手として頑張る娘・息子の様子をブログに綴っています。

娘と家族の10年後〜フィギュアスケート続けられているかな?〜

娘に、「10年後何してると思う?」と聞いてみました。

「どうせ、スケート選手になるのは諦めてるよ。」との真っ当な返事に、

私は返す言葉が見つかりませんでした。

 

用事のない限りは週末リンクに行くようにして、三年以上経ちました。

 

週二回の練習の割には、娘はよくやっていると思います。

我が子ながらも、頭が下がります。

 

私にはちょっとした持病があり、今は働けないので金銭面でのサポートはしてあげられません。

 

また、遠くの都会のリンクへ毎日、朝晩、自動車で送迎する自信がありません。

だから、クラブチームへは入れてあげられませんでした。

 

娘の夢は、

オリンピック選手から、今は選手になること(クラブチームに入ること)になってしまいました。

 

 私は、少し経ってから

「選手になれないという事はないよ。

遅過ぎるかもしれないけど、大学生になったら叶うよ。

スケート部のある大学に入れば、選手登録して試合にも出られるから。

まだ、諦めず頑張って欲しいな。」

と、娘に話してみました。

 

 

 

数日後に娘が、

10年後、みんなが元気でいてほしい。

少しでも長く、お母さんと一緒に居たい。

それだけでいい。

と言ってくれました。

 

フィギュアスケートは、

続けて氷に乗っていないと、今週できたことが、

来週、来月には、できなくなる技がたくさんあります。

 

娘には、週に二回しか練習させてあげられません。

しかし、 「do something !」何もしないより、何かした方がいい。

そう信じて、今できることをしていきたいと思います。

 

やりたい事ができなかったり、やらせてあげられなかったり、思い通りにならず、悩む事も多いですが、

家族で一緒に過ごせる時間が、とても尊く、幸せだなぁと、心から思います。

 

家族に感謝しています。

f:id:gudemom:20190312120248j:image

このひとときにも、あらゆるご家族が、この瞬間を、幸せな気持ちで過ごせますように。

 

穏やかな気持ちが、皆さまを包みますように…。

POLA×はてなブログ特別お題キャンペーン #私の未来予想図

バナー
Sponsored by POLA